うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きるための体験談~    by : an sayuri

an sayuri。アラサーの編集者。転職・家族問題などの過労を機にうつ病を発症し半年間休職。現在は復職しながら、前向きに完治をめざす記録です。

治療中の体重増加について

私はうつ病の治療を始めてから、半年で10キロ太りました。

主治医からは「なるべく太らない薬を選んでいますよ」と言われてはいますが・・

なぜかめっちゃ太っています。

同じ病気で休業していた同僚も、太って帰ってきました(笑)

そういうものなのでしょうか。

 

今はちょっとあきらめているのですが・・・

服も入らなくなってきているので

ダイエットがんばろうかな。

 

同じ経験があるかた、薬終わったらやせましたか??

見えないから、むずかしい

腫瘍ができているわけでもなく

熱がでるわけでもなく

 

眩暈とも違うし

ひたすらぼーっとする

体が重い、だるい。

 

説明がつかない。

なまけなのか、気持ちの問題なのか。

 

違う、そういう感覚とは全然ちがうのだ。

 

とてもとても難しい病気。

 

分かってもらえなくてもいい。

「眩暈」と説明すればよい。

決して無理してはいけない。

 

ゆっくりと、少しずつ

こんばんは。

今日は久しぶりに欠勤してしまいました

一日中泥のように寝てカチカチになった体を、いま少し動いてほぐしています。

 

復帰から満5か月。

勤怠としては月に1回遅刻、1回欠勤・・・

そんな状態ですが、大体なんとか元気に出勤しています。

 

この病気は波があります。

いいときと悪いとき、繰り返して少しずつ快方に向かっています。

 

やれるときは頑張って、

ダメなときはしっかり休む。

これは元気は人にも言えることだけど、

あらためてそれをしっかり守って、

全快にむけて歩いていきたいと思います。

 

 

仕事その後 5か月

久しぶりの投稿になります。

 

留守中も訪ねてくださる方が居て、4000アクセスを超えました。

ありがとうございます。

 

最近の私は、おかげさまで元気です。

アップダウンがありますが、確実に全快に向けてよくなっている。

そういう実感があります。

薬の量も少し減らすことができました。

 

私がこのブログを始めたきっかけは、

自分の記録ということもありましたが、

それよりも大きな理由がありました。

 

私がうつ病になって経験者の体験談をインターネットで乞うた時、

体験談はたくさんあったのですが、

全快したという経験談が見つからなかったのです。

 

長い闘病期間の間にフェードアウトしたり

症状が良くならなかったり・・

よい記録が残されていない理由はきっとさまざまだと思いますが

 

せっかくの自分の闘病を、何らかの形で生かしたい、

そして必ず完結させる!という強い気持ちがありました。

 

これからも時々記録していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

うつ病復職後 1か月

無事に1か月が経過。

週に1回くらい、遅刻してしまったり欠勤してしまったり。

出勤率は8割弱といった具合でした。

 

なかなか頭と心と体が連動しない中ですが

なんとか出勤したら仕事はできている感じ。

 

産業面談できついことを言われたりといやなこともありますが、

基本的には復職してよかったと思える毎日です。

 

 

復職3週間 無事終了

復職して3週間が風のように過ぎました。

2日3日行く→ダウン(欠勤)→復活を繰り返しましたが・・。

それでも少しずつ仕事のカンが戻りつつあります。

これも全て理解をして采配して下さる上司と同僚のおかげ。

復帰初期は無理をしないことがとっても大事。

 

つづきます

うつ病復帰後3日目

おかげさまで復職3日目も無事に終わりました。

休んでいた半年間で社内のシステムが変わり、PCの移行作業に心身を砕いた3日間でしたが・・。

たかだか3日ですが、私の疲れはピーク。

身体が重くて頭がボー・・。

休み中は怠ければ寝ればよかったけど、今はそうじゃない。

社内での移動も多いし、頭がボーとする中でも高層エレベーターにも乗らなくてはならない。

 

大した仕事は一切していないのに、

今までしていたことの全てがきつい。

 

以上が3日目の実感でした。

 

続きます。