うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きるための体験談~    by : an sayuri

an sayuri。アラサーの編集者。転職・家族問題などの過労を機にうつ病を発症し半年間休職。現在は復職しながら、前向きに完治をめざす記録です。

うつ病復職後 1か月

無事に1か月が経過。

週に1回くらい、遅刻してしまったり欠勤してしまったり。

出勤率は8割弱といった具合でした。

 

なかなか頭と心と体が連動しない中ですが

なんとか出勤したら仕事はできている感じ。

 

産業面談できついことを言われたりといやなこともありますが、

基本的には復職してよかったと思える毎日です。

 

 

復職3週間 無事終了

復職して3週間が風のように過ぎました。

2日3日行く→ダウン(欠勤)→復活を繰り返しましたが・・。

それでも少しずつ仕事のカンが戻りつつあります。

これも全て理解をして采配して下さる上司と同僚のおかげ。

復帰初期は無理をしないことがとっても大事。

 

つづきます

うつ病復帰後3日目

おかげさまで復職3日目も無事に終わりました。

休んでいた半年間で社内のシステムが変わり、PCの移行作業に心身を砕いた3日間でしたが・・。

たかだか3日ですが、私の疲れはピーク。

身体が重くて頭がボー・・。

休み中は怠ければ寝ればよかったけど、今はそうじゃない。

社内での移動も多いし、頭がボーとする中でも高層エレベーターにも乗らなくてはならない。

 

大した仕事は一切していないのに、

今までしていたことの全てがきつい。

 

以上が3日目の実感でした。

 

続きます。

うつ病休職 最終日

ご訪問ありがとうございます。

訪問数が2000をとうに超えました。

みなさん同じように悩んでいるんだよな~と

灌漑深いです。

ーーーー

さて、

私はいよいよ明日から仕事が始まります。

実感、ほぼなし・・・。

 

それでも

やれるとこは程々にやり、服もそれなりに揃え(太ったので買い替えが必要なものも・・)、手土産も買い、定期券も買い。

頭では復職することをわかった行動をとれています。

 

休み中支えてくれたすべてに感謝を・・

とか書きたいところだけど、

最終日の実感がないのなんだかあまり深いことが書けない。

また、書きます。

 

とっても不思議な気持ちです。

ま、仕事始まったら実感わくよね。

 

どうなることやら。

 

続きます。

復職前 産業医面談

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

なんだかんだで訪問数が2000弱になりました。

励みになります。

ありがとうございます。

ーーーーーー

さて、先日産業医面談に行ってきました。

 

鬱病などから復職する場合、

主治医のOK→産業医のOK→晴れて復職

という手順を踏みます。

産業医は病気に至った背景や現在の状況、服用している薬などを把握し、

会社に対して「この人は当面残業禁止ね」などの判断を下します。

 

私の在籍している会社は割と大手なので完全にルーチン化されている感じを受けました。

よくも悪くもオーガナイズされている感じ。

 

まず20分ほど私と産業医でお話し

→次に私の上司と産業医でお話し

→最後に全員で本日の内容の共有

の流れでした。

 

私と産業医の話のときは、出身地から学歴、家族構成から現在に至るまでの職歴など、素晴らしく個人情報を聞かれました。

そこから私の性格の癖を読み解いたようです。

 

私の場合ですが、1か月間は残業一切禁止、1か月後に再面談、という判断が下されました。

 

いよいよ復職まで1週間を切りました。

不安と期待と。

 

でも生活の不安をしなくて良いわけですから、

働けるということはよいことですね。

 

つづきます。

 

 

 

復職への不安②

昨日正式に主治医に復職OKレターを書いて頂き、

会社に郵送しました。

これから産業医面談(まだ日にちはまだ決定していないけど)を経て、

本格的に復職となります。

 

いづれにせよ、私の休職はあと18日間程度となりました。

普通に働いていたら18日間も休めるんだ~って感じですが、

今の私にとっては「あと18日か・・」という気持ち。

 

あと18日で病気が完治するわけではなく、

あと18日で体調が万全になるわけでもなく。

 

どのくらいのペースで仕事がスタートするかにもよりますが、

良い意味で覚悟はしています。

 

いづれにせよ、もとの仕事に戻るわけなので

自分で仕事のペースをコントロールしなくては。

当たり前だけど、だれかが管理してくれるわけではない。

 

でも・・・

頭の引き出しが少ない新人編集者とって、

時間というものは削りにくいもの。

平たく言えば、時間をかければかける程勉強にも知識の蓄積にもなるわけで。

要は、今までは時間をかけることでなんとか良いものを作っていた。

その貴重な「時間」をうまく”コントロール=削る”ことができるのか。

そこにまだ自信が持てないのです。

 

今できること・・・

復帰後にすこしでも迷子にならないために

不在中に発行された冊子を読み込むことや

家の中を整頓しておくなど

できることをやっておかねば。

 

そんなこんなで、すでに気持ちが張ってきては眠くなり・・

を繰り返している昨日今日です。

 

でもまあ、

家庭の事情で、私が稼がないと生活やっていけないし。

休職リミットには復帰OKが出てよかった。

そう思いたい。

 

なんかすっきりしない文書いちゃった!

 

続きます

うつ病、急に○○したくてたまらなくなる

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

これ完全に私の場合かもしれないのですが、

うつ病中の症状、というか「衝動」のひとつに

急に○○したくてたまらない!というものがあります。

 

急に白ワインが飲みたくてたまらない!

急にカラオケに行きたくてたまらない!

急に銭湯に行きたくてたまらない!

急にぺヤングが食べたくてたまらない!

急に走り出したくてたまらない!

 

先日は「急に髪の毛を切りたくてたまらなく」なり、

翌日人生最短に切ってきました。

 

もともと発症当初にロングからボブに切ったのですが

(洗髪ができなくなったため)

今回はゴムで束ねることができないくらいに

ショートボブにしてきてしまいました。

(似合わなくてちょっと後悔・・・)

 

でもどうしてもしたい!

が止められなかったのですね。

 

髪は伸びるので良いのですが

あまりにも突拍子のないことをしないように

気を付けたいと思います。

 

みなさんも、そんな症状あるんでしょうかね。