うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きるための体験談~    by : an sayuri

an sayuri。アラサーの編集者。転職・家族問題などの過労を機にうつ病を発症し半年間休職。現在は復職しながら、前向きに完治をめざす記録です。

復職前 産業医面談

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

なんだかんだで訪問数が2000弱になりました。

励みになります。

ありがとうございます。

ーーーーーー

さて、先日産業医面談に行ってきました。

 

鬱病などから復職する場合、

主治医のOK→産業医のOK→晴れて復職

という手順を踏みます。

産業医は病気に至った背景や現在の状況、服用している薬などを把握し、

会社に対して「この人は当面残業禁止ね」などの判断を下します。

 

私の在籍している会社は割と大手なので完全にルーチン化されている感じを受けました。

よくも悪くもオーガナイズされている感じ。

 

まず20分ほど私と産業医でお話し

→次に私の上司と産業医でお話し

→最後に全員で本日の内容の共有

の流れでした。

 

私と産業医の話のときは、出身地から学歴、家族構成から現在に至るまでの職歴など、素晴らしく個人情報を聞かれました。

そこから私の性格の癖を読み解いたようです。

 

私の場合ですが、1か月間は残業一切禁止、1か月後に再面談、という判断が下されました。

 

いよいよ復職まで1週間を切りました。

不安と期待と。

 

でも生活の不安をしなくて良いわけですから、

働けるということはよいことですね。

 

つづきます。