うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きるための体験談~    by : an sayuri

an sayuri。アラサーの編集者。転職・家族問題などの過労を機にうつ病を発症し半年間休職。その後復職しましたが、完治しないので退職しました。前向きに完治をめざす記録です。

休息と入浴の大切さ

本日も欠勤。

夕方くらいまではほぼベッドで過ごす。

その間は、熟睡して、メールの対応をして、の繰り返し。

しかし外出対応は同僚がしてくれて、心底ありがたい。

 

やっと身体が軽くなるのは夕方ごろ。

かれこれ、この3日間風呂にも入っていなかったことに気づく。

昨夜夫が風呂をためてくれたのだが、どうにも身体が動かず入ることができなかった。

そんなこんなで、湯をため直す。

湯をはりながら、ああやっぱり、今ちょっとダメな時期なのだと自覚する。

 

いったん湯につかってしまえば、とても気持ち良い。

身体の重さが一切感じられなくて、汗が出るまでしっかり温まる。

本を少し読んでみる。

最高に癒される。

 

欠勤も3日目だが、休ませていただいたおかげで徐々に良くなっている。

明日は主治医の出勤日なので、病院に行ってみることにする。