うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きるための体験談~    by : an sayuri

an sayuri。アラサーの編集者。転職・家族問題などの過労を機にうつ病を発症し半年間休職。現在は復職しながら、前向きに完治をめざす記録です。

うつ病症状【本格発症③】~私の場合~

前回は、うつ病を本格発症したお話②をしました。

▼前回のブログ はこちらから

うつ病症状【本格発症②】~私の場合~ - うつ病日記 ~ ”うつ”を治し”ラフ”に生きる~ by : an blue

 

夫の働きかけで、

遂に大きな精神病院を受診した私。

うつ病”であることがはっきりし、

休職して治療に専念することになりました。

 

私が在籍する会社は激務で有名な会社のため、

休職は珍しくないとのことでした。

上司に休職願いを出したところ、

私にもすぐに”休職セット”なるものが

送られてきました・・。

(いいのか、悪いのか・・)

 

そして、いよいよ本格的な治療が始まります。

 

まあ、治療と言っても

拍子抜けするようなことです。

 

・とにかく眠ること

・したくないことはしないこと

・楽しいと感じることは積極的にすること

・薬はしっかり飲むこと

・薬が効いている間も決して無理しないこと

 (調子に乗らないこと)

 

以上です。

 

人間の脳みそには、

知らないうちにゴミが沢山溜まります。

それを綺麗にする方法はただ一つ。

”睡眠”だそうです。

 

いずれにせよ、

私は過度な倦怠感があったので、

このあとしばらくは

ほぼ寝たきりの生活を送っていました。

3週間くらいかな。

 

薬が効きだした4週間目くらいからは

簡単な家事ができるようになりました。

 

ただ・・・

しばらくどうしても

出来なかったことがあります。

それは「洗髪」 そして「LINEチェック」。

 

LINEは100件をこえ、

生存確認のために手紙やSNS

ダイレクトメールをくれた方も・・。

ちょっと友達に迷惑をかけました。

 

でもその時の私は、

自分の世界で精一杯でした。

毎日をやり過ごすことで、

呼吸をすることで一杯でした。

 

LINEは既読にしたら

返信をしなくてはならない。

でも、携帯をいじることが

異常にストレスで困難だったのです。

 

理由はただ、病気だったから。

そう思いたいけど。

たぶん公私ともに、

完全な”モバイル疲れ”だったのだと思います。

 

つづきます。